2017年02月04日

2017年 第7回 白鵬杯


1月29日、両国国技館にて白鵬杯が開催され
ました、出場選手が約1300人と
とても大きな大会となりました、ギネスにも申請するとのことを聞いています

試合をする場所も、本土俵の他にもマット土俵や
相撲教習所の土俵にて行います
普段、土の上で練習していると少しやりづらい面もありますが、決勝トーナメントまで残り
本土俵で相撲を取ることが出来るところまで
勝ち進んで欲しいです!


先ずは団体戦があり、岡崎からは2チームが
出場

両チームとも1回戦は勝ちましたが
決勝トーナメントまでは勝ち進めませんでした

個人戦で決勝トーナメント出場選手が出てくれると嬉しいですね




小学生の個人戦、みんな頑張ってくれましたが
惜しくも決勝トーナメントには進めず
くやし涙を流す選手もいました


中学生も決勝トーナメントまでの壁は厚く
勝ち上がることが出来ませんでした

講評を聞き、大会を後にしました。

白鵬杯では、教室OBの阿部くん中村くんにも
選手のフォローをしていただき助かりました

そして、白鵬杯を運営するスタッフの方々に感謝するとともに、横綱白鵬関に感謝いたします

来年もまた開催されることを、楽しみにしています
選手の皆さんは、自分の目標に向かって
努力してもらえることを期待しています。




Posted by 岡崎市相撲教室 at 21:15│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。